一般社団法人与謝医師会は京都府北部の宮津市、与謝野町、伊根町の医師で構成される医師会です。さまざまな医療情報を発信しております。在宅看取り連携支援実践病診連携を行っております。
ID : Pass :
ホーム 会長挨拶 役員紹介 医師会の概要 会員の医療機関医療機関マップ 関連リンク公告
前月2017年 9月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
  

 第1回 市民公開講座「がんにも個性がある! 1人ひむりに適した最新の診断と治療」

【日 時】

平成29年6月18日(日) 14:00~16:00

【会 場】

アグリセンター大宮(京丹後市)

 

【内 容】

1. 講演「がんの個性に応じた治績」 講師/消化器内科医長  堅田和弘医長

2. 講演「がんの個性を見きわめる」 講師/病理診断科担当部長  井村徹也

3. 丹後保健所からのお知らせ    丹後保健所

チラシのダウンロード↓

第2回 市民公開講座「あたまもからだもアンチエイジング」

【日時】

7月23日(日)  14:00~16:00

【会場】
みやつ歴史の館(宮津市)
【内容】
1. 講演「生活習慣で認知症は防げる?」
講師/神経内科医長 丹羽文俊
 
2. 講演「ロコモーショントレーニングで健康に!」※
講師/ 整形外科副医長 細井邦彦
 
3. 講演「高齢者の交通事故防止について」
講師/宮津警察署交通課長小崎一晶
 
※骨、関節、筋肉にいつた運動器の機能が低下することを防ぐトレーニングのことです。
 
 
<申込み方法>
・代表者氏名、お住まいの市町村、参加人数等をご記入の上、FAX 、ハガキ、電子メールで下記までお申し込みください。(電話による申込みも可能です)

・定員は先着250名で定員になり次第締め切らせていただきます。
 
〈申込み・問合せ先〉
京都府立医科大学附属北部医疲センター教育研究推進室
〒629 - 2261 京都府与謝郡与謝野町字男山48 1
FAX & 電話(0772) 46-3371
 

 


市民公開講座「認知症をあきらめない」平成29年3月4 日(土) 14:00~16:00

【日 時】

平成29年3月4 日(土)  14:00~16:00 (開場13:00)

【会 場】

みやづ歴史の館文化ホール
(宮津市鶴賀2164 TEL 0772-20-3390)
どなたでも参加無料です 定員300名


プログラム

14:00

開会挨拶:山根行雄先生  与謝医師会担当理事 山根医院 院長

14:05-15:00

特別講演 司会:今出陽一朗先生  与謝医師会理事 今出クリニック 院長

『認知症に伴う精神症状への対応』

演者:澤田親男先生 医療法人三幸会 北山病院 院長

『認知症疾患医療センターから皆様ヘ』

演者:中川正法先生 京都府立医科大学附属 北部医療センター 病院長

15:15-15:55

シンポジウム

総合司会:西原寛先生 与謝医師会常務理事 西原医院 院長

[シンポジスト]
澤田 親男 先生  医療法人三幸会 北山病院 院長
川口 秀子 氏   京都府丹後保健所 企画調整室 医療・高齢担当 副室長
川戸 真美子 氏  京都府立医科大学附属北部医療センター 認知症疾患医療センター
          精神保健福祉士
三原 みゆき 氏  宮津市健康福祉部 地域福祉介護課 介護予防係 係長
木村 功 氏    特別養護老人ホーム 夕凪の里 事務課長

15:55-16:00

閉会挨拶:中川長雄先生  与謝医師会会長 中川医院 院長

共催:与謝医師会/ エーザイ株式会社
後援:京都府丹後保健所/ 宮津市/ 伊根町/ 与謝野町/京都地域包括ケア推進機構

 チラシのダウンロード↓
 


〜高齢者社会を見据えて安心して暮らすために知って、つながり、支え合おう〜

【日時】

■平成28年12月7日(水)  12:00〜16:30
(申込み期限:12月5日)ただし定員に達していない場合、当日参加もできます。

【場所】

■野田川わーくぱる  住所:与謝野町字四辻161  TEL 0772-42-7711

丹後地域では、高齢者が安心して暮らすために、生活や療養の支援に多くの専門職(医療・介護・福祉等)が携わっています。お互いの役割や取組などを劇仕立てにすることで、
わかりやすく説明します。

詳細へ

「在宅看取り連携支援実践病診連携、宮津・与謝地域の在宅看取りサポートシステム」の第1例目が平成28年9月5日早朝に特に問題なく運用されました。かかりつけ医の依頼で京都府立医科大学附属北部医療センターの先生が看取り(死亡確認)を行いました。その患者家族、立ち会った訪問看護師、依頼を行ったかかりつけ医からこのシステムと医療センターの医師に対して感謝の言葉をいただいています。

 


一般社団法人与謝医師会と京都府立医科大学附属北部医療センターとの間で「宮津・与謝地域の在宅看取りサポートシステム」に関する看取りサポート医派遣の協定が締結され平成28年9月1日よりこのシステムが利用できるようになりました。


内容は別紙(PDF)「宮津・与謝地域の在宅看取りサポートシステム」(取り決め事項)のとおりですが、基本的にはかかりつけ医不在時に「看取り体制にある在宅もしくは施設患者」が呼吸停止をした際に、死亡確認を北部医療センターの医師に代行でお願いするシステムです。
「死亡診断書の作成に関してはかかりつけ医が責任をもって処理を行う」ということにしています。北部医療センターの代行医師が死亡診断書を作成するシステムにはなっていません。


詳細の問い合わせは与謝医師会か担当理事の今出陽一朗までご連絡ください。


(1) 2 3 4 ... 6 »